スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Analyticsを使いこなそう!その7

コンテンツサマリーを使いこなす!

引き続きGoogle Analytics。
今回はコンテンツサマリーを詳しく見てみましょう。

当方オススメ機能がありますのでご活用下さい^^

コンテンツサマリーとは
 コンテンツ、つまり各ページ毎のアクセス解析の結果です。
 コンテンツサマリーは、ユーザーの傾向を把握する為に、非常に有用な項目です。

コンテンツサマリーから分かること
  *特定のページを閲覧したユーザーがとった行動
  *ユーザーのサイト内での行動
  *ユーザーが興味を持っているページ
  *ユーザーが、閲覧をやめたページ

 コンテンツサマリーから、上記のようなことが分かります。
 それぞれの理由を考えSEO、またサイトの修正を行うことで、
 リピータ確保や新規ユーザ確保にに繋がるでしょう。

前回と同じくマイレポートを開き、コンテンツサマリーのグラフにある
 GoogleAnalytics コンテンツサマリー詳細レポート
 ↑「レポートを表示」をクリック


上位のコンテンツ

 GoogleAnalytics 人気コンテンツランキング
 ↑ここに表示されているのがアクセスの多いコンテンツ(ページ)のランキングです。
 「/」はトップページ。
 コンテンツ毎にページビュー数・セッション数・閲覧時間・直帰率・離脱率・インデックス、
 それぞれの順位順にデータを閲覧できます。


ナビゲーションの解析
 
 画面右側の
 GoogleAnalytics ナビゲーションの解析
 ↑「ナビゲーション一覧」をクリック

 ここでは、ユーザーがその前に見ていたページ(参照元)と、
 その次に見たページ(移動先)を分析した結果を表示しています。
 GoogleAnalytics 閲覧開始と離脱ページのランキング

 そこから、ユーザーが何に興味を持っているのか、また、
 運営者の意図したページに移動しているのかどうかなどを、知ることが出来ます。

 たとえば、blog-entry-16.htmlというページの詳細を見たい場合
 中央右側にあるURL[ / ]が表示されたセレクトボックスをクリックして
 GoogleAnalytics データを見たいページを選択
 ↑表示されたリストから「/blog-entry-16.html」を選びます。
 すると、このページはPingの話題ですが、このページへ来る前(参照元)と
 この次に見たページ(移動先)が表示されます。
 離脱率はここで閲覧をやめた人の%です。


ページ遷移

 コンテンツサマリーの詳細レポート、右側から
 さっきのナビゲーション一覧の下にある
 GoogleAnalytics ページ遷移をクリック
 ↑「ページ遷移」をクリック

 さっきと同じように解析したいページをURL[ / ]のリストから選び
 GoogleAnalytics ページ遷移の使い方
 ↑今回はトップページから「/brog-entry-15.html」を見た人を追ってみるので
 次に表示されたページの「/brog-entry-15.html」をクリック。
 すると、一番右に閲覧終了ページに100%と出ました。
 これは全員が
 トップページ→/brog-entry-15.html→離脱またはブラウザを閉じた
 ということになります。

 このようにページ推移では、特定のページを閲覧したユーザーが
 その次にどのページを閲覧し、最終的にどのページを最後にサイトを離脱したかを
 知ることが出来ます。 どうです?便利でしょう^^


サイト上にデータを表示させる

さて、きました当方オススメ機能

 またまたコンテンツサマリー詳細レポートに戻り、
 先程「ページ遷移」をクリックしたそのちょっと下
 GoogleAnalytics クリックパターン
 ↑「サイト上のデータを表示」をクリック

 すると・・・
 GoogleAnalytics サイト上で視覚的にクリック率がわかる!
 こんな風に自分のサイトのどのリンクがよくクリックされているか、
 また、人気のないリンクはどれか、と視覚的に見えるんです!


 この機能超オススメ^^
 これだけでもGoogleAnalyticsを利用する価値はあると思うのです。
 他のアクセス解析にはまずない機能ですのでお試しあれ♪

テーマ : お役立ちツール&情報
ジャンル : アフィリエイト

Google Analyticsを使いこなそう!その6

ユーザーサマリーを使いこなす!

今回はユーザーサマリーを詳しく見てみましょう。

まずはマイレポートを開き、ユーザーサマリーのグラフの
GoogleAnalytics ユーザーサマリー詳細レポート
↑「レポートを表示」をクリック



地図上のデータ表示

  地図上のデータから、どこに住んでいる人が
  サイトにアクセスしてきているのかを判断できます。
  日本国内であれば、都道府県レベルでデータを比較できるので便利!

 GoogleAnalytics 地図上のデータを表示
 ↑「地図上のデータを表示」をクリック

 GoogleAnalytics 地図
 地図が表示されます。
 色が濃い国がアクセスの多い地域ですね。
 当然日本が多いので、地図の日本をクリック。

 GoogleAnalytics 日本のアクセス分布地図
 日本地図上にアクセス分布が表示されます。
 当サイトの場合関西が多いですね。

 GoogleAnalytics 各都市別の詳細
 ↑このような感じで各都市別のアクセス順位が表示されます。
 視覚的なデータ表示は他のアクセス解析にない機能ですね~


新規ユーザとリピータ
  初めてサイトを訪れたユーザーと、再度サイトを訪れたユーザーの動向を
  セッション数・平均ページビュー数・平均滞在時間・新規セッション率・直帰率・
  コンバージョン率から、比較することが出来るのでマーケティングにも役立ちます。

 まずは左メニューから
 GoogleAnalytics 新規ユーザとリピータをクリック
 「ユーザ」→「新規ユーザーとリピーター」をクリック

 GoogleAnalytics 新規ユーザとリピーター
 言葉の通り、「Returning Visitor」がリピーター、「New Visitor」が新規ユーザー

 次に両者の動向を各項目でチェックします。
 GoogleAnalytics 動向を調べる
 セレクトメニューより、比較したい項目を選択すると、データが反映されます。

 GoogleAnalytics ユーザーの種類から比較

 そしてマーケティングに生かす

 例)
  *リピーター・・・コンバージョン率:高い
  *新規ユーザー・・・直帰率:高い
  *比率・・・リピート率が低い

  このような場合、新規ユーザーを、サイト内に引きとめ
  リピーターにさせる要因を増やすことで、全体のアクセスがアップする可能性がありました。
  対応策として、コンテンツ内容への誘導を強化し、リピート率の向上を図る等が挙げられます。

 アクセス解析では、複数の要因が絡み合うため
 何を重要視するかの判断が難しいですが、
 新規ユーザーと、リピーターの動向比較は、重要な要素の一つですね。

テーマ : お役立ちツール&情報
ジャンル : アフィリエイト

Google Analyticsを使いこなそう!その5

GoogleAnalytics 基本編 用語集


アクセス解析で用いる基本用語

ページ
  ページとは、解析可能なファイル(HTMLファイル)またはコンテンツのこと。

期間
  アクセス解析をする期間。
  アクセス解析画面右上の日付けで、解析したい期間を変更することが出来ます。

ページビュー
  ページビューは、ページが表示された回数。
  同一のユーザーがサイト内を移動し、複数のページを閲覧した場合も
  それぞれが1ページビューとして数えられます。

平均ページビュー

  期間内におけるユーザーの平均的なページ閲覧数。

セッション
  セッションとは、ユーザがサイトを訪れてから他サイトや閲覧終了するまでの
  一連の流れをまとめた単位のこと。(詳しくはその3ページ参照

ユニークユーザー
  特定の期間内に1度以上サイトへ訪問した人数。

新規セッション率
  そのレポートの期間内にそのサイトに初めて訪問したユニークユーザーの割合。

リピートセッション数
  そのレポートの期間内にそのサイトに2度以上訪問したユニークユーザーの数


ユーザーサマリー(訪問者属性)で用いる用語

閲覧開始ページ
  サイトを訪れたユーザーが最初に閲覧したページ。

離脱ページ
  サイトを訪れたユーザーが最後に閲覧したページ。

平均サイト滞在時間
  ユーザーがサイトに訪れて、閲覧を終えるまでの平均的な時間。

直帰率
  ユーザーが、サイト内の他のページに移動せず閲覧を辞めてしまった確率。
  (訪問後、1ページのみ閲覧)

ブラウザ
  インターネットを閲覧しているアプリケーション(InternetExploler・Firefox・Opera等)


トラフィックサマリー

ノーリファラー
  リファラはそのページにアクセスするに至った元のページのURLのこと。
  ノーリファラーは、そのページにアクセスさせた元のページが無い、
  つまりお気に入りや、URL直接からサイトを訪れた場合。

参照サイト(外部リファラー)
  ユーザーが他サイトから、当サイトへアクセスした場合、他サイトが参照サイト。

検索エンジン (検索リファラー)
  検索エンジンからのアクセスがあった場合。

参照元
  自サイト内の特定のページへアクセスさせた元のページのこと。


コンテンツサマリー

ナビゲーションサマリー
  特定のページの参照元と、移動先のページのデータを表示します。

ページ推移
   特定のページを閲覧した後のユーザーが、
   どのようにページを移動して行ったのかを表示します。



だいたいこんなとこでしょうか?
もっと不明用語あれば教えて下さい^^

テーマ : お役立ちツール&情報
ジャンル : アフィリエイト

Google Analyticsを使いこなそう!その4

GoogleAnalyticsの続き。
基本編 レポートからわかること。

色々グラフが表示されていますが
下部の4つのグラフの解説をします。

まずは
ユーザーサマリー
GoogleAnalytics ユーザーサマリー
 これはサイトを訪れた人の動向を把握する為のグラフです。

 ユーザーサマリーから解析できる内容
  *新規訪問者とリピートの割合
  *アクセスした人の使用しているブラウザ
  *アクセスした人の住んでいる地域
  *アクセスした人のインターネット環境

 この項目は他のアクセス解析機能にもありますね。

次に
トラフィックサマリー
GoogleAnalytics トラフィックサマリー
 ユーザーの流れ、つまりどんな経緯で当サイトへ訪れたか、が分かります。

 トラフィックサマリーから分かる内容
   *どんなキーワードで、検索して訪れたのか(検索キーワード)
   *他のサイトから、どのくらいのアクセスがあるのか(参照元)etc

 参照サイトは他のサイトのリンクから。検索エンジンはGoogleやYahoo!から。
 ノーリファラーはブックマークなどいきなり訪れた場合。検索エンジンのロボットも
 どうもノーリファラーになるっぽい?

最後に
コンテンツサマリー
GoogleAnalytics コンテンツサマリー
 これはどのページが頻繁に閲覧されているのか、が分かります。

 コンテンツサマリーから分かること
  *どのページが良く閲覧されているか?(コンテンツ毎ページビュー)
  *どのページから閲覧されているのか?(閲覧開始ページ)
  *特定のページを見た後のユーザーの移動先は?(ナビゲーションサマリー)
  *どのページを最後に、サイトから離れているのか?(離脱ページ)etc

 これは非常に便利な機能だと思います。
 閲覧数が多いページが、人気コンテンツなわけですから。
 自分のサイトの改善点や伸ばすところがわかりますね。

次回はGoogleAnalyticsでよく聞く事になる用語をまとめる予定です^^

テーマ : お役立ちツール&情報
ジャンル : アフィリエイト

サクッとプチ起業 レビュー

少し話題からそれて・・・

今日、帰り際に本屋さんへ寄って色々立ち読みしてました^^;
すると、当サイトのタイトルみたいな本が!





「サクッとプチ起業」

インデックスコミュニケーションズ
株式会社イーキャラット 代表取締役 阿部真由美

第一章 ウェブでのプチ起業でかなう「自分ビジネス」
第二章 好きなことをビジネスにするための「自分の棚卸し」
第三章 ウェブの世界へ発信する「自分メディア」
第四章 魅力あるコンテンツで行う「自分ブランディング」
第五章 認知されて広がっていく「自分ブランド」
第六章 好きなことでビジネスを広げるための「自分キャンペーン」


上記の本、さらっと流し読みして・・・
衝動買い(ノ∀`)

実際、かなり具体的に参考になる内容です。

アフェリから情報起業に至るまで、ご本人さんが一介のOLから
株式会社代表になるまでのお話や
この本、刊行がつい最近でして(2009年2月28日)
不況の中、『起業』ですよ(笑)
すごく前向きでパワーがもらえた気がします。

いくつかこういう書籍は買ってますが、オススメ!(´∀`)

テーマ : ☆★おすすめっ★☆
ジャンル : アフィリエイト

プロフィール

Maker2

Author:Maker2
パソコン素人
ネット起業をしたい
日々勉強中です。

お気軽に意見等あればどうぞ^^
メールフォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。